コペンハーゲンへの旅行を計画中の人に


top
画像参照:Moyan Brenn

夏の長期休暇に海外旅行を検討している人は多いですね。海外旅行先として今人気が出てきているのが、デンマークのコペンハーゲンへの旅行です。まとまった休暇にメジャーな観光地がある海外へ旅行へ行くと、
周りは日本人だらけで異国情緒が感じられないという声も多いです。
そんな中、歴史的な建造物が点在し芸術鑑賞などを楽しめるコペンハーゲンは旅行先の穴場的存在として人気があります。

そこでコペンハーゲンの主な観光スポットなどを説明していきます。
コペンハーゲンはデンマークの東側に位置しており、デンマーク最大の都市で首都でもあります。2014年のアメリカシンクタンクの調査によって、世界都市ランキングは第43位の都市という評価を受けています。日本からデンマークへは直行便が出ていて、所要時間は約11時間30分程掛かります。日本との時差ですが日本時間から考えると、マイナス8時間の時差があります。3月から10月まではサマータイムが、導入されているのでマイナス7時間となります。その為飛行機であったり列車などの時刻には、注意が必要となります。
デンマークには様々な種類の博物館や美術館などが点在することでも有名で、国立博物館や国立美術館、トーヴァルセン美術館などは必ずチェックしておきたいコペンハーゲンの観光スポットとなっています。
またチャンスが有るならば王立劇場や新オペラハウスでのバレエやオペラなどを鑑賞されることをオススメします。

そして多くの人に愛されているのがコペンハーゲン中心部にある国民憩いの場として有名なチボリ公園です。チボリ公園の中には観覧車があり、チボリ公園は広大なアミューズメントパークとなっています。冬の時期ならば園内の11万個のイルミネーションを楽しむことが出来て人気のスポットとなっています。

そしてコペンハーゲンはグルメの街としても知られていて、ミシュランお墨付きのレストランなどが数多くあります。デンマーク名物として多くのファンを持つ、オープンサンドイッチは見た目にも鮮やかでデンマーク自慢の料理です。

コペンハーゲンでショッピングを楽しみたいという人には、歩行者天国のストロイエがオススメです。デンマーク王室御用達の老舗のお店から世界でも有名なブランドショップや有名デパートが立ち並び、1本路地を入ると若いデザイナー達のお店や職人が作る伝統工芸品などを購入することが出来ます。

ここでは書ききれない程に魅力のある街でありながら、日本人の観光客は少なく芸術に触れたいと考える人にはコペンハーゲンはオススメの都市です。

カラフルな思い出を。海外ホテル検索サイト

最大75%OFFのハワイホテル | 最大75%OFFのグアム ホテル |最大75%OFFのソウル ホテル