コペンハーゲン旅行で食べたいごはん


2
画像参照:PLNtoGBP

デンマークのコペンハーゲン旅行に行くなら、食べておきたいごはんがあります。
せっかく行くなら美味しいデンマーク料理を味わうことをおすすめします。
まず、コペンハーゲンのごはんとして有名なのは「スモーブロー」といわれるオープンサンドです。
レストランやカフェ、ファーストフード店など至るところで食べることができ、様々な種類があるのが特徴です。
スモーブローはライ麦パンが使用されており、ハムやチーズなどといったものからスモークサーモンやニシンが
のったものまでバリエーション豊かなのが特徴です。
サーモンやニシンといったお魚は、デンマークの名物でもあるので抑えておきたい種類となっています。
サーモンやニシンは、塩漬けや酢漬けにされたり揚げ物やソテーなどといったものも
コペンハーゲンのレストランで食べることができるようになっています。

その他、プレイスというカレイの種類の魚料理もコペンハーゲンでよく食べられており、名物ごはんとなっています。
お肉料理を食べたいなら、デンマークでは豚肉が主流となっています。
豚肉のソテーの上に、りんごのコンポートをのせた料理やローストポーク、ベーコンなどに加工され食べられているようです。
またコペンハーゲンではホットドックが人気で、街中でホットドックスタンドを見つけることができます。
プルセヴォーンと呼ばれておりマヨネーズにアンチョビや玉ねぎ、にんにくなどが加えられた
レムラードソースをかけて食べるのが特徴です。コペンハーゲンへ旅行に行ったらぜひ食べたいごはんとなっています。